北欧ダダイスト

スウェーデン留学ログ

出国前夜

8月22日に初めてスウェーデンに入国し、翌日からこのVäxjöに住み始めて早10ヵ月弱

明日スウェーデンを経って、しばらく周遊します。

最終日だからって感傷に浸るのは避けたいので(豆腐メンタル)総括的なものを簡単に

 

結論から言うと、やはりこの国は好きです

もともとスウェーデンは多方面で好きだったけど、来る前はやっぱり住んでわかる暗い部分みたいなものに少し怖気づいていた。

案の定、生活を始めてからは上手くいっていない部分も目立ちました

 

だけど、やっぱり多方面で進んでますよ。

政治でみると、国民一人一人がしっかり国のことを考えて行動できてるし、政府も彼らの考えを尊重している。社会対策の結果については批判する人もいるけど、進んでぶつかっていったから生まれた問題なんだと思う。

 

 

あとは自然と芸術

これほど芸術が身近にあるのは素敵だなって思う。Växjöはカテゴリ的には地方都市になると思うけど、こんな小さな町でも町中にアートが散らばってる。市民も音楽活動なんかに積極的に参加してるし、まあこの調子ならAviciiもAbbaも生まれるよなという

 

自然はスウェーデンの醍醐味。寮から大学までは湖沿いを自転車で20分、これは重要だった。日本にいたときは登下校なんて全然面白くはなかったけど、湖沿いに自転車こいで大学に行けるというだけでストレスが消えていった。

観光で来るのにはあまり進められないけど、住むのにはよい街

 

 

最後に、スウェーデンで出会った人たち

これは宝

書かんでもいいか

 

 

というわけでスウェーデン生活も明日で終わり。10代最後と20代の幕開けを迎えたこの地。忘れないんだろうな

 

 

Växjö、Linnaeus University、Vallgatan、出会った人たち

さらばスウェーデン

 

Tack Tack

 

 

 

 

Sota Takamori