読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧ダダイスト

スウェーデン留学ログ

男女平等と日本の伝統的価値観

スウェーデンにいると男女平等はあたりまえという価値観はところどころで感じるわけなんですが

周知のとおり日本では男女格差は根強く残っていてるにもかかわらず、政府も国民もこの現状をあまり問題視していません

 

どのくらい日本での男女格差がひどいかというと、2016年度の男女格差指数ランキングで111位。生活水準の高い先進国が特定の分野でここまで順位を落とすことは珍しいです

 

前々からこの格差を生んでいる日本の社会構造はおかしいって批判してきたけど、最近になってこの問題の対象である女性ですら問題視していないことについて考えるようになった。

 

というのも、男女格差指数で日本に近い順位にいる国々は経済・政治においても発展途上の国が多く、男女格差指数はそれに伴った結果だろうと考えるのが妥当

ということは、経済・政治において高度発展している日本でこれほど男女格差が縮まらないのは、開発の対極にある固有の伝統・文化が原因で

日本の女性がこの日本的な伝統・文化・価値観を(無意識的に)大切にしているからこそ、「西洋の生み出した」男女格差指数では発展途上という結果になってしまっているんじゃないか、ということを考えるように

 

西洋が生み出したという言葉は伝統的な価値観と対比させるために使っただけで、男女格差指数そのものを批判する気は全くありません。ただ、この指数も絶対的・普遍的なものでもないよね、ということです。

 

ここでいう日本的な価値観というのは、例えば結婚観に色濃く反映されていると思います

日本人の女性に「将来の夢は?」と聞くと、「幸せな家庭を築く」「いい嫁になる」という回答が多く帰ってきます。もちろん日本国外でも同じような回答は帰ってくると思うけど、日本ではこの「幸せな家庭を築くことが女の幸せ」という価値観が深く浸透している

幸せな家庭を築くことが目的なら、別に社会進出してばりばり働かなくてもよくないかという考え方が、無意識に行われているわけです。こういった背景があるのなら、男女格差指数で成績が悪いのも納得できる。

 

 

納得はできるけど、本当に社会進出したい女性が賃金格差・育児休暇・高等教育への偏見などといった構造的暴力を受けているのは事実です。

女は家、男は外という価値観は未だにこういった雇用格差を生む原因となっています。この問題については「伝統ですから」「文化ですから」で済むものではない。伝統と、は時として切り捨てなければ国家を衰退させる危険物でもあります。

 

 

 

 

ジェンダーの問題は女性だけに焦点を当てて解決できる問題ではありません。より多くの女性が社会で働くという事は、より多くの男性が育児・家事に貢献しなけらばならないということです。男女平等社会を実現するには、今ある社会構造と男女の役割を根本的に変えていく必要があります。

 

日本の場合、ジェンダーに関する固有の価値観が女性の社会進出の遅れを招いています。価値観を完全に壊すことは望ましくないけど、諸行無常の世の中である限り、価値観を意識的に変えていくことは大切です

 

 

 

伝統と開発、両者の均衡を見つけることが、今の日本に必要なことだと思います

 

 

Sota