北欧ダダイスト

スウェーデン留学ログ

③コソヴォ共和国・グラチャニツァ

今回はコソヴォプリシュティナ編の続き。

前回のプリシュティナでは歩いているだけでも相当な政治思想を浴びたわけなんですけど、今回のグラチャニツァはその比じゃないです。

 

グラチャニツァはプリシュティナからバスに乗って30分くらい。それで料金はまさかの0.5ユーロ。物価の安さは旅を楽しくするよね

 

f:id:SouthernSverige:20170807001205p:plain

日帰り余裕ゾーン

 

事前に行先を伝えておいたおかげで、二人とも爆睡の中「グラチャニツァだぞ~」と起こされる。

ここで降りるのは自分たちだけ。普通にここ付近の市民が使うバスで、自分たちがグラチャニツァで降りた時はまあ穏やかではなかったよね、みんなの目線

 

なので少し気を引き締めて

到着です

 

f:id:SouthernSverige:20170807001849j:plain

 

暑そうだけどそんなに暑くない、謎の盆地

 

f:id:SouthernSverige:20170807001712j:plain

 

綺麗ではない川が流れる、のんびりした街なんだけど

 

まさにこの街が、コソヴォセルビアの関係をややこしくしている一要因なんですね。

というのも、ここの街にあるグラチャニツァ修道院という施設がセルビア正教会の聖地的存在のひとつ。コソヴォ国内にはここを含め合計4つのコソボ中世建造物がある。

 

つまり、コソヴォ(特に今回のような中世建造物群)はセルビアにとって聖地そのもの

日本で言ったら京都が占領されて勝手に独立されるのと同じ状況ですね

 

そんな歴史がある街なので当然、

 

f:id:SouthernSverige:20170807001732j:plain

 

セルビア系に投票呼びかけるよね~。*この日は国民選挙数日前

 

街中の選挙ポスターにはご丁寧にセルビア系候補者だけの番号を抜粋して堂々とポスター掲載していました。

 

っていうか標識も車のナンバーも、全部セルビア仕様だし。明らかにプリシュティナ市内とは空気が違う。

 

それにしても気が狂うほどの選挙ポスター。

これぐらい洗脳に洗脳を重ねていかないと360°アルバニア系に囲まれたこの土地のセルビア人はかき消される、てことなんだろうな

 

平和構築の大前提なんですけど、「紛争とは解決するものではなく、管理するものである」っていうのが身に染みてわかります。

 

これはやっぱり現地に行って初めて理解できたことだと思う。

キレイごとも理想主義も感情論も、現実の前では容赦なく玉砕

 

 

 

f:id:SouthernSverige:20170807001752j:plain

わかりづらいけど、、セルビア国旗

 

f:id:SouthernSverige:20170807001804j:plain

お墓だったかな確か

 

 

バス停から歩いて数分で修道院に着いた。

 

f:id:SouthernSverige:20170807001604j:plain

外壁

 

f:id:SouthernSverige:20170807001620j:plain

入口

 

修道院の中は写真撮影禁止。

スウェーデンの教会に何度も行ってた身としては、やっぱりこの正教会系統の修道院は別の宗教に見えるレベルで違う。

内装は、刺青入れました、みたいな感じ。びっしり描かれてる。

 

こぢんまりした修道院だけど、その歴史的経緯と現在の立ち位置から強烈な力を感じる

 

f:id:SouthernSverige:20170807001644j:plain

外観

 

f:id:SouthernSverige:20170807001700j:plain

有刺鉄線がまあ物騒

 

ここがセルビアコソヴォ不仲の一要因なのか、って思いながら見てるとやるせなくなってくるよね

 

 

帰り道、バス停がわからなくなって現地の人たちに聞くことにした。

 

相方「バス停どこですか?」

住人1「・・・(顔をそむける)」

 

なんだよこいつ。

 

文句も言っていられないので別の人に

相方「バス停どこですか?」

住人2「I don't know...」

 

なにこれ。

 

野宿寸前でも大丈夫だった相方もさすがにめげてた。

いや隣町なんだから知ってないわけないでしょ・・?

 

頑張ってもう一人、、

相方&自分「バス停どこですか?(キレ気味)」

住人3「あーバス停はね、、、」

 

やっと見つかった!しかも親切に道まで出て案内してくれそう!

と安心していたところへ、後ろの住人4から一声

 

 

「GIVE UP PRISTHINE」

 

 

結構破壊力のある言葉でした。

このフレーズが頭の中で何度もこだましながらグラチャニツァを離れるという後味最悪の日帰り旅になりました

 

 

f:id:SouthernSverige:20170807001827j:plain

EU?どっちの味方?

 

相方とは、ただ「怖かったね」という感想で強制的にまとめた。

雰囲気はもしかしたら国境地域より悪いんじゃないかっていう感じ。

 

でも平和構築を学んでいる人には、是非行ってほしいと思いますね。

最近PKO派遣のことで議論になってるけど、他国での紛争を対岸の火事で片付けてほしくない。

日本ほど自国ファーストな国ってないんじゃないかなって最近思う。自覚が全然ないだけで。

自衛隊派遣の話になるたびに、憲法9条を掲げては「日本には武力行使以外の平和貢献の仕方がある!」なんて言って、全然現実的かつ具体的な方法は考えない。

それは、見殺し、と言います。

 

本当に紛争当事者側の立場から支援をしようと考えない限り、この自国ファーストの考え方は変わらないだろうね。

 

 

 

 

今回のコソヴォ旅は政治フィルターをかけて記事にしたけど、普通に観光としても見どころのある国なんじゃないかなーって思う。他の都市も行ってみたいね。

 

 

ということで、コソヴォ・グラチャニツァでした!

 

 

Sota

 

プリシュティナ

southernsverige.hatenablog.com

②コソヴォ共和国・プリシュティナ

今回はベオグラードプリシュティナで入国したけど、逆ルートのプリシュティナベオグラードセルビア側から入国拒否を受ける可能性が高いのでおすすめしません。


セルビア側がそもそもコソヴォを国だと思っていないから入国出国の辻褄が合わなくなるってことですね。コソヴォを国として認めている周辺国に行っちゃえば大丈夫という訳です。

 

f:id:SouthernSverige:20170724022723j:plain

国境で待たされます

 

というわけで、パスポート審査3回を経てコソヴォに入国しました。国境でだいぶ待たされるって聞いてたけど、今回は40分くらいで割とすんなり入れた。

 

バスを降りると何もない
この時深夜3時


こういった長距離バスに乗った後は「タクシー乗らないか?!」ていう声かけがあっていつもは無視してるんだけど、今回ばかりはタクシーしか手段がないから仕方なく乗り込んだ

 

結局ぼったくりもなくホテルに到着

なんだけど肝心のホテルが開いてない。。
24時間受付って書いてあったのにどういうことなんですかねえ

 

f:id:SouthernSverige:20170724022744j:plain

辛いでしょこの感じ

 

しかもプリシュティナは盆地なので6月でも朝は7℃とかで北欧並みに寒い。友達は島唄聞いて耐えていた。

 

 

後で聞いてわかったんだけど、

①ここの管理人=ウィードのディーラー

②だいたい毎日ウィード吸って夜更かし

③夜明け前に寝る

 

 

いやいや

ばかやろう

失業率30%って考えたらこれは貴重なジョブだろうよ

 

朝の5時になってやっと管理人が起き、なんとか野宿せずに済んだ。

 

 

翌朝


今回はありがたいことに友達の知り合いのコソヴォ人の親戚さんが市内を案内してくださるということで、昼頃から彼らと散歩を開始

 

f:id:SouthernSverige:20170724022808j:plain
ホテルから見える中心街の景色

 

昼でも長袖。心地よい。

 

f:id:SouthernSverige:20170724022906j:plain
バルカンの喧噪感

 

写真から少しは伝わると思うけど、ヨーロッパっていうより東南アジア感。

排気ガスと声の大きい市民ってことね

 

f:id:SouthernSverige:20170724022919j:plain

ガタガタ

 

おじさん達と長いこと話しながら散歩してたんだけど、やっぱり政治の話がほとんど。どれだけコソボ建国の経緯に正当性があるのか、なぜ私たちは西洋諸国と日本が大好きなのか、そんな話をしていたら「仕事があるから帰らねば」って言っておじさん達は帰っていきました。ありがとう。


ちなみに日本はコソヴォ建国後に教育支援をしていたから、愛日らしいです

 

昼はバルカンでおなじみのケバブ

うまーって食ってたんだけど、胃腸が壊滅的に弱いもんで案の定腹を下し、トイレへ。

紙、ありませんでした。。

 

まあ旅してたらこういうことってあるよね。。

治安が悪いとか人間がガサツだとか、そんなのはあんまり気にならないんだけど、トイレだけはしっかりしてもらわないとその国に対する評価が著しく下がるんですよ

 

 

結局事なきを得て、散歩を再開。

まず適当に見当たった博物館に入った。

でもここの博物館、展示物に一切の説明がない。

 

f:id:SouthernSverige:20170724022945j:plain
つまり放置プレイ

 

「世の中に事実はなく、解釈のみが存在する」
ということです

ああ哲学

 


あとプリシュティナで有名なNEWBORNモニュメントにも

 

f:id:SouthernSverige:20170724022959j:plain
あれ

 

NとWがぶっ倒れてた
これだと何が何だかわからない

 

この上の会場で結構大規模なブックフェアが開催されてて、唯一興味を持ったコソヴォの地図を買いました(1ユーロ)

 


それで、この近くに悪名高い

 

f:id:SouthernSverige:20170724023030j:plain

 

ビルクリントン像が立っていました。

向かいの石碑にはとにかくありがとうありがとうと書かれていた。


こんなに堂々とされたらセルビアが黙ってはいないですよね

 

f:id:SouthernSverige:20170724023104j:plain
これは許せる

 

町中の信号機にこういうステッカーが貼ってある。青信号は一番まともな部類で、赤信号とかには「セルビア製の商品はボイコットしろ」だの「セルビア人は殺せ」だの強烈な反セ感情がダダ漏れしてた。

 

 

最後に、こちらも悪名高いプリシュティナ大学の図書館

 

f:id:SouthernSverige:20170724023126j:plain

 

その理由は見ての通りセンスのかけらもないデザイン

全体像はもっとひどい。レゴで作ったウニみたいな感じだった。

 

一応中も入ってみた

 

f:id:SouthernSverige:20170724023137j:plain

はーいアメリカ

 

エントランスからアメリカ色が強すぎ。わざわざ一番目の通るところにアメリカルームですよ。感謝してもしきれないんですとばかりに。 

上層階言ったらNATOルームとかもあって油断がない。

 

ちなみに内装のデザイン、外装といい勝負でダサかった。。

 

 

 

 

この後バスに乗ってグラチャニツァっていう場所にも行ったんだけど、それは別記で

 

ホテルに帰る途中、さっきのセンター街で何か準備してるのを見かけた。

 

f:id:SouthernSverige:20170724023201j:plain

お兄さんがカーペットをどるぅぅって敷いて俺の足にヒットした

 

なーんだろねこれ~なんて話てて、数時間後

 

 

f:id:SouthernSverige:20170724023249j:plain

ハア?!

 

自己決定党っていう、極右政党の演説会でした。よく見ると掲げてる旗がアルバニア国旗なんですよね。コソヴォアイデンティティで最たるもの。

 

この日の翌々日が選挙日だったこともあって、集会に集まってた人たちはまじで殺気だってた。

友達と現場に潜ってみたんだけど、この国にこんな人間住んでたっけというレベルの人混みで大変だった。

 

とにかく衝撃が強すぎて終わりまで見てた。

 

 

 

 

以上、コソヴォプリシュティナの表層旅行記でした。この国はまじで住んでみなきゃ語る資格ないよ。ただ、現地に行く価値は大いにあり。

 

セルビアとの領土問題の根源となってるコソボ・グラチャニツァについての旅行記については次回。。

 

 

 

Sota

 

 

グラチャニツァ編

southernsverige.hatenablog.com

①セルビア共和国・ベオグラード

スウェーデンからそのまま日本に帰るのはもったいないので一ヵ月弱ヨーロッパを回ってきた。

マイナー国も結構行ったので情報共有できればなと

 

ちなみに予算はトータルで5万円ほど(ヨーロッパ-日本間の航空券抜き)

5万?

よく考えたら普通の生活費と変わんない

奨学金もらってなかったらそもそも計画すらしてなかったと思うけど

これでも何とか死なずに帰ってきました

 

で、行った国はというと

 

スウェーデン(出発)→セルビアコソヴォマケドニアユーゴスラビアアルバニアギリシャ→イタリア&バチカン→スイス→フランス→イギリス(終点)

 

の10ヵ国。ヨーロッパ周遊って言ってるけど前半の国はマイナー過ぎて一般的にはアフリカあたりにあると思われてるでしょう

 

f:id:SouthernSverige:20170708192824p:plain

 V字ルート

 

バルカン半島の国はだいたい1日1カ国、西洋諸国からはひとつの国4日くらいで回った。

まあ正直日数足りないけど学生はこんなもんでいいんです

 

備忘録として1カ国目から書いていきます

では

 

 

1カ国目セルビア

スウェーデンで「帰国のチケット取った?」て聞かれて「セルビア行きの取ったよ」て説明するの毎回面倒だった。クエスチョンマーク過多で返答に困るというね

バルカン半島に異常な興味を持っていた時期があって、その頃同じ大学の子と一緒にじゃバルカン行こう!と約束したので、今回のヨーロッパ周遊はバルカンからのスタート。

 

友達と空港で待ち合わせて市内までバスで向かう。バスは運転手に地図さして行先確認したほうがいいと思う。英語で質問したらセルビア語で返されたし、日本語で質問したらセルビア語で返された。ちなみにバス運賃はカード不可なので空港にある24h自動の両替機で300ディナール(=約324円)確保しておきましょう

 

市内には着いたものの、肝心のホテルが見つからない。色んな人に聞いたけどまず英語通じない人はいないしみんな親切に協力してくださる。

ひとりすごく親身に協力してくれたお兄ちゃんがいて、自分たちにいろいろ質問してきた。なんでセルビア来た?って質問も当然。スウェーデンで平和学専攻してて旧ユーゴ圏の国、特にセルビアコソボは今も対立が残ってるから現状を見に行ってみたいっていう理由で来た。

ていうのをそのお兄ちゃんにいったら

 

"Sorry you study in vain (それは勉強しても意味ないよ)"

 

と言われました。笑 ここの国にいたらそう思うのが普通だろう

 

結局深夜1時までふらふらしてホテルが見つかった。スウェーデンにはほとんどなかったんだけど、原因はヨーロッパ特有の極小インターホンてやつです。ビルの入り口にその棟のインターホンが密集してるんだけど、小さ過ぎて4回ぐらい通り過ぎて見逃してた。初日から野宿(ベルリンで体験済み)は今回なくてよかった。

 

f:id:SouthernSverige:20170708223025j:plain

コミュニストモーニング

 

スウェーデンからいきなりセルビアに来たから、とにかくギャップが凄まじい。

国民性に関してはヨーロッパの国の中でこの二国が一番真逆なんじゃないかってくらい。昨日のフライトも乗客のほとんどがセルビア人で、飛行時間2時間強皆んなずっと喋ってた。ランディングで大喝采。これはスウェーデンではまずありえない感じ

 

翌朝、ベオグラード市内を歩きます

 

ホテルから人通りの多い方に進むと、よくわからんでっかい噴水がある。そこでずっと "Belgrade~ Ah Belgrade~" という音楽が流れてた。これが、セルビアコソヴォで嫌といいほど目にする愛国心の片鱗を初めて見た瞬間

 

初の正教会系の教会に行きます

その名も聖サワ大聖堂

名前がじわる

 f:id:SouthernSverige:20170710210317j:plain

 

スウェーデンの福音ルーテル派の教会とはほとんど別物。まずこんなに装飾ない。

 

f:id:SouthernSverige:20170710210238j:plain

 

 

次にNATO空爆ビルに向かう

 

f:id:SouthernSverige:20170711033650j:plain

 

割と人通りの多いところにありました

 

f:id:SouthernSverige:20170711033606j:plain

 

どういった意図で残してるのか詳しくは知らないけど、自分が悪かったからこうなったと思ってたらすぐ撤去してるはず

 

ちなみにNATO軍がベオグラードを爆撃したのが正しい判断だったとは全然思えない

元々の攻撃理由からどんどんかけ離れて民間人まで巻き込んでいく流れはイラク戦争と似てる

セルビアの肩を持つわけじゃないけどセルビア100%の悪者にするのはNATO軍の間違い

 

自分の世代より上の人達はこの紛争を経験しているわけで、そう考えるとほんと最近に起きたことなんだなと

 

 

中心街に向かいます

 

f:id:SouthernSverige:20170711033806j:plain

バルカンの程よい喧噪感

 

実はベオグラード、あのアテネ・ローマと並ぶヨーロッパの古都らしい。全然知られてないけど。

だから中心街に行くと歴史ある結構綺麗な街並み

 

f:id:SouthernSverige:20170711033844j:plain

ここは東京でいう大田区あたりでしょうか

 

写真撮りすぎるのが嫌いだからあんま残ってないけど

結構歩いてて楽しい感じ

 

歩くの疲れたしとりあえずタバコ買おかということで、300ディナールで手に入れました。スウェーデンの1/3の値段。ちなみにクオリティはクソで3本に1本はカビのせいで煙が途中で止まります。寿命を縮めたい方は是非セルビアまで

 

 

最後にベオグラード一番の名所、要塞に

 

f:id:SouthernSverige:20170711034402j:plain

まじかよ顔平たいよみたいな

 

バルカンはまじでアジア系がいないから通りすがりに結構ガン見される

 

f:id:SouthernSverige:20170711034419j:plain

物騒なコントラスト

 

要塞の中には中世の拷問器具博物館もありました。行こうとしたら友達が拒否の顔をしていたので今回はパスです

 

景色もいいし

趣味の悪い展示物も多いのでおすすめです

 

f:id:SouthernSverige:20170711034951j:plain

旧ユーゴ時代の名残 名付けて共産スター

 

ベオグラードはこの日一日だけの観光

だが

案の定時間が余ったので何かないか探し回る

 

ありました、セルビア歴史博物館。テキトーに入ってみる

第一次世界大戦の内容が多めで、個人的にインパクトを受けたのが

 

f:id:SouthernSverige:20170711035338j:plain

これが本当のチル・アウト

 

この方

有名なアーティストらしくて、この博物館が全面バックアップしてフィーチャーしていました。むしろ歴史云々よりこの人の作品の方が多かったかも

 

作風は写真のとおりで、近未来的わけわかめなのが大半

奥のほうに行くとR指定みたいなものが大量にありました。性と暴力が混合している感じ。これを博物館がサポートってすげえ国だな。。

西洋とか東洋からは絶対生まれてこないような感性っていうか、ユーゴスラビア社会主義連邦を経験したからこそこの作風になったという雰囲気(形容できないけど)

 

今回の滞在で一番インパクトを受けた場所でした

 

 

 

夕方、コソヴォに向かうためのバス券を買いに行きます。 ベオグラードからプリシュティナ間が2020ディナール(=2184円)。悪くない。

 

バス売り場の目の前にある噂の売春婦公園にはラマダン中のムスリムが集まってた。ニーハオ!て。こんにちはな。

 

バスの時間まで川沿いでチルします。

 

f:id:SouthernSverige:20170711040737j:plain

 

綺麗だった。

貧乏旅だけど金じゃないこういう時間が贅沢なんです

 

半酔いの状態でプリシュティナ行きのバスへ乗り込みます

このとき21:30。到着は朝の3:00というがっつり深夜バスです。

 

f:id:SouthernSverige:20170711041130j:plain

乗客はほとんどアルバニア系(コソヴォ人) そして異様に浮く日本人ふたり

 

いよいよコソヴォへ、、、

 

 

 

 

Sota

出国前夜

8月22日に初めてスウェーデンに入国し、翌日からこのVäxjöに住み始めて早10ヵ月弱

明日スウェーデンを経って、しばらく周遊します。

最終日だからって感傷に浸るのは避けたいので(豆腐メンタル)総括的なものを簡単に

 

結論から言うと、やはりこの国は好きです

もともとスウェーデンは多方面で好きだったけど、来る前はやっぱり住んでわかる暗い部分みたいなものに少し怖気づいていた。

案の定、生活を始めてからは上手くいっていない部分も目立ちました

 

だけど、やっぱり多方面で進んでますよ。

政治でみると、国民一人一人がしっかり国のことを考えて行動できてるし、政府も彼らの考えを尊重している。社会対策の結果については批判する人もいるけど、進んでぶつかっていったから生まれた問題なんだと思う。

 

 

あとは自然と芸術

これほど芸術が身近にあるのは素敵だなって思う。Växjöはカテゴリ的には地方都市になると思うけど、こんな小さな町でも町中にアートが散らばってる。市民も音楽活動なんかに積極的に参加してるし、まあこの調子ならAviciiもAbbaも生まれるよなという

 

自然はスウェーデンの醍醐味。寮から大学までは湖沿いを自転車で20分、これは重要だった。日本にいたときは登下校なんて全然面白くはなかったけど、湖沿いに自転車こいで大学に行けるというだけでストレスが消えていった。

観光で来るのにはあまり進められないけど、住むのにはよい街

 

 

最後に、スウェーデンで出会った人たち

これは宝

書かんでもいいか

 

 

というわけでスウェーデン生活も明日で終わり。10代最後と20代の幕開けを迎えたこの地。忘れないんだろうな

 

 

Växjö、Linnaeus University、Vallgatan、出会った人たち

さらばスウェーデン

 

Tack Tack

 

 

 

 

Sota Takamori

大麻は大麻

大麻合法化については世界各国でまだまだ議論が続いてる様子で

全体的には合法化しよーって流れだけど、国によって栽培・医療・嗜好目的の線引きがややこしい。ヨーロッパ・北米は栽培・医療目的の大麻使用までが合法のところが多く、嗜好目的の大麻を合法化しているところは見た感じまだ少ないかな。

ちなみにあの北朝鮮大麻に関する法律が皆無で事実上完全解禁(しかしほとんどが犬のエサ行き)

 

うちの大学でも大麻を持ってる学生は結構多い。たぶんクリスチャニアから輸入してるのかもしれない。そんな光景を、ああこれがリベラルなんだな~なんて呑気に見てる。

日本でも大麻持ってる人は周りにいたし別に目新しいものではなかったんだけど、それにしてもヨーロッパの人たちは大麻に対してオープンで、捉え方も全然違う。煙草に飽きたか、酒に飽きたかの延長くらいの感覚で手を出してる。

 

案外こういうトピックで、社会の違いをかなり痛感する。

 

 

嗜好目的ならまだしも、医療用目的でさえ大麻を禁止している国はまだまだ多い。

禁止国の政府に言わせると、大麻に含まれるカンナビノイドという化学物質が人体に悪影響だということで、禁止しているらしい。しかも日本の場合、その根拠は1940年代に政府がカンナビノイドは危険だと発表したからだというもの。つまり60年以上前のデータを根拠に頑張ってらっしゃる。

 

一方、医療大麻が合法な国の政府は、人体に対する悪影響は限りなく低いと主張。カナダ政府なんかは大麻はこんなに安全なんですよ~っていうデータをわざわざ発表してる。覚せい剤に含まれているメタンフェタミンは医療目的であれば合法なのに、なぜカンナビノイドに対しては頑なに有害性を主張するのか。カンナビノイドよりも有害な化学物質はなんて医療現場では珍しくないぞ、という主張。

 

医療用に関しては、有害性を否定するデータ出されたら非合法を押し通す意味なんてないでしょ。。

 

嗜好目的に関しても、中毒性・有害性は酒や煙草よりも低いという研究結果がでてる。

それは事実なんだけど、決して脳によい影響を与えるわけでないので、反対派の人たちの気持ちもわかる。

 

医療用と嗜好用、ここの線引きが一番難しいんじゃないかな

 

 

 

まあこんな感じで日本でもスウェーデンでも割と身近に大麻があったわけですが、自分は今まで一度も大麻を使ったことがありません。(普通)

 

なんでかというと、できるだけ客観的な大麻推進派でありたいから~。

先に非合法を犯しておいて合法化しろって主張するのがおかしいっていうのもあるけど

大麻を経験してしまったら、少なくとも今までのような大麻に対する客観的な立場を維持できなくなる。特に嗜好用に関しては、反対派から「あなたが吸いたいだけでしょ?」と言われても仕方がなくなる。それは勘弁。

 

 

ということで

いつか日本でも大麻合法化が訪れますように(医療用だけでも)

腐った固定観念ゆとり世代が破壊していきましょう~

 

 

 

Sota