北欧ダダイスト

スウェーデン留学していたログ

歌舞伎町にしかできない事もある

 

 

 

東京都新宿区歌舞伎町。

 

 

好きな人と嫌いな人が極端に分かれる街ですね。

好きとかじゃなくて「ここで生きていく」ことを決意した人もいる。

 

石原慎太郎が歌舞伎町浄化作戦なんかやったらしいですけど、未だにアウトローシティーとしての歌舞伎町のイメージは変わらない。

 

 


f:id:SouthernSverige:20180928001420j:image

 Photo: Yohmi, Flickr

 

自分も特に良い印象は持ってない。それは最初にこの街を見たときから、歌舞伎町で働き始めてから半年が経った今でも変わってない。

 

汚ねぇ。

酒、女、男、宿。歌舞伎町は欲望を満たすためのエンタメシティーであって、その欲望の形がいつまでも不変である以上、この街は前進もしないし洗練されてもいかない。

相も変わらず「汚ねぇ」のである。

 

 

 

これはほとんどの人に共通する認識なんではないでしょうか。

怖い。

汚い。

ダサい。

 

まずこの街に対する褒め言葉は聞かないですよね。

この街が好きだ!って人は一定数いるかもしれないけど、「称えられる」ってなるとどうも無縁と思われてしまう。

 

 

 

だけど、こんなどうしようもない世捨て人タウン・歌舞伎町にも、称賛されるべき側面はあると思っている。

 

 

 

 

『新宿駆け込み餃子』

 

っていう店をご存知でしょうか。

別にこの記事は食レポでもなんでもないですが。

 

この『駆け込み餃子』というお店、ある点で少し特殊です。

この店では、元受刑者・ニート・引きこもりの人々が働いています。

 

 

www.kakekomi-gyoza.com

 

 

出所者らを支援する社団法人と飲食店経営の企業が連携して実現したプロジェクトだそう。

 

最初にこの店のコンセプトを知った時、単純に新鮮な社会復帰支援だなと感じたのと同時に

これは歌舞伎町っていう土地柄だから出来ることなんだな、と思った。

 

 

というのは、冒頭で説明した歌舞伎町の性質が上手く作用してんじゃないかなと

 

反社会的で、欲望に忠実な場所。

 

それと同時に、今や歌舞伎町は観光地として注目を集めるといった表ヅラの良さも持ち合わせている。

売春ツアーとかそういう低俗なサービスではなく、純粋に「アジア最大の繁華街」を一目見ようと家族連れでこの街を訪れる外国人客も増えている。

 

昔は本当に危ない場所だったらしいけど、石原慎太郎の浄化作戦もあって今では「そこそこ」危ない街、程度に落ち着いている。

 

 

この「市民権を得た」歌舞伎町、そして昔から変わらない「アンダーグラウンド」としての歌舞伎町。現在の歌舞伎町はこの両面性を持っている。

 

 

つまり、「アンダーグラウンド」と「一般社会」が接触し、混じりあっているのが現在の歌舞伎町だといえる。

これは一昔前の歌舞伎町ではできなかったことだし、また現在でもこういった両面性を持った日本の街は他にないんじゃないのかと思う。

 

話を戻すと

この街の持つ両面性を最大限活用できているのが、駆け込み餃子のプロジェクトだと思う。

元受刑者、引きこもり経験者は一般社会へ復帰する際にひとつステップ、もしくはクッションが必要となる場合が多い。

 

もちろん数多くの社会復帰支援が行われているのは知っているが、

ここまで公に行われ、かつそれが回りから自然と受け入れられているケースは珍しいのではないか。

 

 

歌舞伎町だからこそ出来ることもありそうだな、と感じた。

 

 

 

新宿の寛容性に敬礼

別に歌舞伎町論でも福祉論でもないです。

 

ただ歌舞伎町で働くなかで、この街をただ消費の街として維持させるのではなく、何か付加価値を与えられる要素は何かないのかと探し回った結果、こういったプロジェクトを発見した次第です。

 

 

新宿が他の街と大きく違っているのは、街のしてのカラーが見えない、ってところじゃないかなって思う。

 

渋谷は渋谷の、東京は東京の、上野は上野の、それぞれのカラーが割と見えやすい。

 

だけど新宿にははっきりとした色が見えてこない。

大きすぎるからだ。西口と東口はもはや別の街だ。それぞれの景色が違いすぎて、それが一色として統一されない。

 

都市が巨大になりすぎれば、それを構成する個も反比例して小さくなっていく。

個の縮小は多くの人にとってにとって望ましいことではないが、なかには社会への復帰の最初のステップとして「巨大都市」を必要とする人もいる。

 

新宿は誰も拒まない、巨大都市である。

その寛容性に、敬礼、、、!!

 

 

 

 

北欧社会の現実をニュートラルに捉えるには『限りなく完璧に近い人々』が良さげ

ちは。

 

留学が終わってから一年も経って、スウェーデン時代はもう遠い昔の記憶になってきた。

 

日本に戻ってからは北欧の事を専攻してる訳でもないので、色々と忘れてきてる。特に政治経済みたいな複雑な事はほぼ記憶から抜けてった。

 

それでも北欧時代の事を時々思い出すこともあって、なんか日本でも北欧に浸かれる機会はないかなー、とこの夏は色々とぶらぶらしておりました。

 

今年はスウェーデンと日本の国交開始から150

周年ということで大使館はイベントがなんかでしょっちゅう解放してるし

 

東京外大のオープンアカデミーでもスウェーデンについての教養講座があったのでアテンドしてきた。児玉千晶さんが講師。

スウェーデンについての座学は初めてで、住んでいたのに知らなかったことが次々出てくる。

 

こんな感じで、就活準備は放棄して北欧に触れようとあっちこっち首突っ込んだ夏だった。

探せばいくらでも北欧関係のイベントあるもんだなぁ、と改めて東京というテラ級都市の奥深さに感心。

 

 

はい本紹介します 

 

そんな夏に首突っ込んだ中でも、特に新鮮味があったのが

 

『限りなく完璧に近い人々』

 

イベントでも講義でもなく「本」だけどね

 

 

何が新鮮だったかというと、北欧の社会をこれだけ「中立的な視点」で捉えた文章は見たことがなかった、というところ。

 

「北欧」のイメージって

1. 理想郷として過度に美化されて描かれる

もしくは

2. 移民統合に失敗した残念な社会

 

という両極端な偏見で報道されがちなんですよね。

これは日本に限らず、アメリカとかでも同じらしい。

 

長いこと理想郷としてイメージされてきた反動として、ボロの出たところをピックアップする傾向も同じように強くなっている気がする。

 

そんな感じで北欧はリアルな姿がまっすぐ届きにくい、実態のつかめない国々なんじゃないかなと思っていたけど

 

『限りなく完璧に近い人々』

 

では、割と北欧社会の良いところも悪いところも、ありのままに書き出されていた。

 

おそらく北欧を中立的に描き出せた背景要因として

 

1. 筆者がイギリス人という北欧との微妙な距離感

2. 筆者の本職は料理家

 

の2点だと思う。あと妻がデンマーク人っていうのも。

 

この本は600ページ近くある上取り扱ってるテーマも幅広いんだけど、終始イギリス人特有のアイロニーが効いていてコメディ要素が強め。

筆者が自ら北欧五ヵ国に出向いて体当たり取材していくスタイル。

 

 

イギリスという北欧に近くもあり他人でもある、という距離感だからこそ自分との共通項や相容れない部分を繊細に感じ取れてるのかなーと。

 

あとは筆者がそもそも社会学系が専門ではなく、変に強い思想を持っている訳でもない、というところも良さだと思った。

 

その分北欧社会に対する疑問や批判の視点が幅広く、社会学者が指摘しないような所へも突っ込んでいくのが新鮮で面白い。

 

 ということで随分と雑なレビューですが

とりあえず北欧を知ってみようというテンションでも、

北欧に対するあら探しをしてやるぜ、、!というテンションでも、何でもいいと思います

 

どのテンションでも読んで面白いと思える稀有な本です。

 

 

 

 

では

 

 

 

 

限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか? (角川書店単行本)
 

 

80年代アメリカの天才、表参道への回帰。【特別展:キース・へリングが愛した街 表参道】

 

 

表参道で開催中の『キース・へリングが愛した街 表参道』に行ってきました。

 

 

 

http://www.omotesandohills.com/events/images/KH4_web_color_1.jpg

©Mori Building Co., LTD.

 

 

 

山梨にある中村キース・へリング美術館所蔵の作品が展示されていますが、意外にも東京では初公開らしい。

 

 

 

会期:2018年8月9日(木)-8月19日(日)

場所:表参道ヒルズ本館B3F

EVENT | キース・ヘリング生誕60年記念 特別展「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」 | 表参道ヒルズ - Omotesando Hills

 

 

 

今回はオリジナルポスター、レコードジャケット、来日時の秘蔵写真の展示に加えて、ミュージアムショップまで併設されています。

入場無料っていうのに、表参道ヒルズの懐の大きさを感じますね。

 

 

 

f:id:SouthernSverige:20180817073128j:image

そういえば黄色、緑、赤ってアフリカンカラー

 

 

特別展の入り口で諸注意を受けて、入る。

写真撮影も大丈夫。

 



f:id:SouthernSverige:20180817073329j:image

 

 

 

今回の特別展でキーとなるのが『表参道』という街。

 

 

キースは1980年代を代表するアメリカ美術のアーティストですが、彼はその時期に東京にも来ていたようです。自身のオリジナルグッズを販売するショップを1988年東京・青山に2号店としてオープン。

 

 

同じ年に、当時ストリートパフォーマンスが流行していた表参道の歩行者天国で路上にチョークでアートを描くというパフォーマンスを行ったそうです。

 

 

 

「keith haring omotesando」の画像検索結果

Photo by © Akira Kishida

 

 

 

キースの活動に共鳴し、受け入れる土壌が表参道にはあったということなんですね。

31年という短い生涯の中でキースが何度も足を運んだということは、それだけ表参道という街が彼を強く惹いた環境を持っていたんですね。

 

 

 

展内に入るとすぐに、壁一面の作品が。

キースの作品達は集合体としても一つの作品ができるほど、それぞれの作品に彩があります。

 

 

 


f:id:SouthernSverige:20180817073158j:image

 

 

 

 

作品の中には、純粋なアート作品に加えて商業用のポスターもありました。

 

 



f:id:SouthernSverige:20180817073207j:image

 

 

 

 

Lucky Strike (タバコ)なんかは今のタバコでは考えられないくらいポジティヴに仕上がってますね。

商業用のポスターといっても、やはりキースの個性が消えることはなく、むしろ広告商品を彼の作品に取り組んでいるような印象を受けます。

 

 

 

 

また、キースは反アパルトヘイト、核放棄、エイズ予防、LGBTカミングアウトなど社会的なテーマでも作品を多く作り出してきました。

 

 

 

 

 

f:id:SouthernSverige:20180817073213j:image

 

 

 

これは広島でのイベントがあった際のポスターだそうです。

反戦」というテーマはキースにとってこう表現されるのか。

 

 

描かれたシンボルたちが持つ柔らかさと内在されたメッセージ性の強さを共存させているのは、キースのなせる業だなと思います。

 

 



f:id:SouthernSverige:20180817073234j:image

 

 

 

併設されているストアです。

小物、アパレル、その他もろもろ。

 

 


f:id:SouthernSverige:20180817073222j:image

用途がやや謎だが

 

手軽に買えそうなものも勿論あるんですが

 


f:id:SouthernSverige:20180817073229j:image

 

 

 

壁紙まで売ってました。

キースの画集も売ってます。

 

 

 

ざっと特別展はこんな感じでした。

 

 

 

高校の時にキースの作品に出会ってから、彼の作品から放たれる包容力のある明るさに強く惹かれ続けていました。

 

 

しかしその明るさの背景には、彼自身が抱えていた問題や、世界の間違ったあり方への問題意識が根本にあったことには気が付きませんでした。

 

 



f:id:SouthernSverige:20180817073247j:image
キースと代々木公園

 

 

 

 

そうした背景があるからこそ、彼の作品は没後28年を経た現在でも風化せず、広く支持されているんですね。

 

 

 


f:id:SouthernSverige:20180817073339j:image
イヌ氏

 

 

 

 

また、表参道の魅力を再確認できたことも、この特別展の魅力でした。

キースの生きた80年代から、変わらず若者たちを魅了し続け新たな価値観を生み出していく街。

 

 

 

この街から何が生まれてくるのか、今後も楽しみです。

 

 

 

 


f:id:SouthernSverige:20180817073314j:image

特別展後 キースが遊んだ表参道のストリート

 

 

 

 

 

 

【参考URL】

EVENT | キース・ヘリング生誕60年記念 特別展「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」 | 表参道ヒルズ - Omotesando Hills

キース・ヘリングが愛した街。 表参道で今夏、キース・ヘリングの特別展が開催へ|MAGAZINE | 美術手帖

芸術を否定した芸術・ダダイズムが生まれた場所。【Cabaret Voltaire】

おはよう世界

哲学って深みにはまると結構危ないので普段あまり考えないようにしてるけど、どうしても考えちゃうときは、もういいや、って割り切って深みにずぶずぶ沈んで身を任せる。

 

そんな感じで過去の人たちも同じようなことを考えてきたんだろう。

個人的な悩みだったらそんな過去の偉人たちを頼ればある程度答えに近いものは見つかるかもしれない。

 

ただ、問題は世界を巻き込むレベルの哲学的難題が人類に降りかかったとき、どうすればいいんだろうか

 

 

『人間の理性』

とか

『世の中のあたりまえ』

とか

『美的センス』

とか

 

こういった人間の頭の中で作り上げてできた世界が、ある日突然音をたてて崩壊したとしましょう。それも世界中で。

 

こういう環境に直面した時、表現者ってどういった行動をとると思いますか?

 

 

 

実際に人類がそういう状況に陥った時が、あったんですね。

そしたら

 

 

 

 

 

 

 

f:id:SouthernSverige:20180811092850j:plain

Photo: © 2018 www.artyfactory.com

 

こうなったり・・!

 

 

f:id:SouthernSverige:20180811093207j:plain

Photo: © 2018 www.artyfactory.com

 

こうなったりしたらしい・・・!!!!(諸説

 

 

なんだこれは、、、

わけがわからないよ、、、

 

 

何があったら人間は、顔に物差しの張り付いたオブジェを作ったり

モナリザに髭を生やして、別の作品にしようなんていう暴挙にでるんでしょうか

 

 

実は、この「意味が分からない」という感覚、これを体現したのが、上の作品たち。

何を表現しているのかわからなくて当然、というか作った本人たちも出来上がった作品が何を意味しているのかさっぱりわからない。

 

こういった作品が芸術史に登場するようになったのが、「既成の世界が崩壊した時代」、つまり第一次世界大戦の時でした。

 

これらの作品のコンセプト、それは『ダダイズム』です。

 

 

 

なぜイミフ過ぎる芸術が生まれたのか 

第一次世界大戦ダダイズムにどういった関係があるんだ?って思うかもしれない。

歴史的には、第一次世界大戦、初めて全世界を巻き込んだ戦争が起きるわけです。ヨーロッパの紛争から始まり、そのヨーロッパ諸国が彼らの植民地の力を総動員し、しかもそれに日本・アメリカといった地理的にも遠く離れた国が関わってくるわけですね。

 

今の時代に生きる私たちからしたら、まぁその後のWW2のほうが悲惨だったけどね、みたいに捉えてしまう傾向にある。

だけど、同時の人たちからしたら、世界中の国を巻き込んだ戦争なんて今まで経験したことがなかった。この地球に生きる誰もが、この戦争に巻き込まれて殺し合いをしてる。

 

こういった状況で、人間はいわれのない恐怖心、そして「もう何も信用できない」という厭世観が生まれてきたわけです。

 

しかし、この感覚をどうぶつけていいのかわからない。

そこでクリエイターたちが目を付けたのが、当時から永世中立国で戦争に関わっていなかったスイスでした。

とりあえずスイスに集まろう。

 

そうしてスイスに集まったクリエイターたちは、今までの美的センス、世の中のルール、人間の理性、そうしたものをすべて疑い、否定し、それをアートとして表現しようとします。

 

しかし「否定」をアートにするということはまた新しい価値観を生んでしまうことになります。これでは結局今までのアートと変わらないのではないか。

 

そこで、「意味の無さ」を追求したアートを作り始めます。

徹底的に作者の意図を排除し、偶発的に生まれた「物体」をアートと呼ぼう。

 

 

 

こうしてスイスでダダイズムが生まれました。

 

 

 

ダダの生まれた場所 スイス・チューリッヒ

もうダダが生まれて100年以上経つけど、その発祥となった場所は割と普通に今も残ってる。

 当時周辺国から逃れてきた人たちが集まったのは

 "Cabaret Voltaire"

という小さなキャバレー。キャバ。

 

去年のヨーロッパ一人旅で、イタリア→スイスに入国、ここに行ってきた。

(行ってきたはいいが、一年間かけて小出しにしてきたその旅行記、結局最後まで書ききれてないじゃん!歯切れ!ってふと思ったので今回はイタリア後のスイス編、ていうことで)

 

f:id:SouthernSverige:20180812175309j:plain

 壁の色良いですな

 

これが外観!なんか可愛いな!

 

ちなみにチューリッヒの中心街にあるからアクセスは良いよ

 

 

 

中心地にある割にはあっさりと佇んでいる感じで、意識しなければ気づかず通り過ぎると思う。

キャバレーだから営業時間は基本PMだしね。

 

開店時間まで待って、入ってみた。建物は2階建て

 

f:id:SouthernSverige:20180812175917j:plain

 

ダダ発祥の地っていうことでもしかしたら内容もめちゃくちゃなんじゃないかって思ってたけど、案外まともにやってた。

1Fがダダに関する展示、2Fが本業のキャバレーになっていた。

 

元々、というか今もキャバレーとして運営している場所なだけあって、結構スペース的には小さい。さらっと見るくらいなら5分くらいで終わりそう。実際周りの見学者はそんな感じだった。

 

f:id:SouthernSverige:20180812180412j:plain

Dada Afrikaになんか惹かれる

 

こんな感じで、世界ではこんなダダの流れがありました、という展示品がひたすら並べられていた。

でもダダイストの人たちからすれば、ダダイズムを詳細に説明して理解してもらおうなんてコンセプトで生家が改装されたらたまったもんじゃないよね。意味の無さを追い求めてるのに、他の人がそれについて飾り立てるのは本来のダダイズムの理念に反しているのかもしれない。

 

f:id:SouthernSverige:20180812180835j:plain

 

ダダグッズもあったが、流石、よくわからん

 

 

てな感じで。ミュージアムというよりかは聖地巡礼

100年前にこういった表現が許された場所が唯一スイスだった、って考えるとやっぱり特異な国だな~とは思うわ。

21世紀にいても、ダダは新しい概念に見える。

 

 

ダダの意義?

ダダイズムって、ただ作品として面白いってだけじゃなくて、人間社会を構成する上で重要な要素のひとつなんじゃないのかな

 

岡本太郎さんが『自分の中に毒を持て』っていう本の中で

「人間の三権分立は芸術・政治・経済だ」と主張してる。

 

政治・経済は、本来ほっとけば暴走するもので、権力化してしまう。

それに対して芸術は永遠に権力化することはなく、果たす役割は「反権力」。

ピカソの『ゲルニカ』なんかが代表例だとおもう。

 

人間の社会が自己破滅へと向かわないよう、芸術は権力の監視と抑制を果たすものとして「三権分立」の一要素であるべきだ、というのが岡本太郎の意見。

 

 

 

この意見に乗っかるとすると、その反権力としての象徴である芸術の中で、「否定・無意味・偶発」をコンセプトにしたダダイズムは、「芸術的表現の駆け込み寺」みたいな役割をしている。

人間の内なるものを如実に表現したもの、婉曲して表現したもの、抽象的に、具体的に、印象的に、断片的に、、、

色々な表現方法がある中で、ダダイズムが持つ表現方法の幅はとてつもなく広いと思う。芸術方法を円グラフにしたら、「その他」に匹敵するぐらいの懐の広さを持っている。

 

そう思うとダダイズムって、人間が絞り出せる最後の切り札みたいな感じなのか・・?

 

・・・わかんないけど。

ダダイズムに理論持ちだして考えたら負けか?

ここらへんでやめとこう

 

 

 

最後に

スイスって永世中立国なだけあって、さすが生み出してきたものにもキャラが立ってるね。

スイスがヨーロッパ(もしくは世界)の駆け込み寺だとしたら、今後21世紀でスイスがどんな役割を果たしていくのかも気になる。

暗い未来なんか考えても意味ないけど、また世界中がカオスに陥った時に新しい価値観を生み出してくれる場所は、スイスなんじゃないかな、って思う。

 

 

 

 

 

・・・後日、ダダイズムの作品が展示されてるロンドンの"Tate Modern"にも行きました。

 

 

 

ではでは

『ガザの美容室』が生々しい

 

 

今のバイト先が映画館なんだけど、紺屋の白袴というか、ヒマになっても「映画に行こうかなぁ」っていう思考にはなかなかならない。

 

別に映画が嫌いというわけではなくてむしろ好きだからバしてるわけだけど、やっぱり「バ=映画館」になると、「映画館→バ=労働」っていうイメージがもう、無意識に沁みついている。これはエンタメ系バイトで働く人の宿命・・!

 

ひとつ助言があるとすれば、映画好きだから映画館でバしたい!っていう人は労働としての映画館を想像したほうがよいぞ、ということ

ここまで言っといて自分は特に問題ないけどね、なんだかんだ楽しいよ映画館

 

 

そんなバ学生も長い夏休みに入ったんで、映画。してきた。

今回行ったのは前も紹介した、UPLINK渋谷。映画館以外にもギャラリー、カフェなんかも併設されている複合施設型のミニシアター。

ちなみに学生だと一本1,100円ていう良心的な価格設定。シネコンよりだいぶ安い。

 

何作品か上映している中で、選んだのはガザの美容室

 

 

一緒に観に行った友達が「中東で戦争を経験してるんだよね~」っていう結構キワい経験を、昨日友達とランチしたんだよ~くらいのノリで話す人なので

なので

この映画観ようかと決まった。俺が「うん、そうしよう」と答える形で。

メンタルが異常にタフい人もいるもんだ。

 

 

 

概要

ネタバレはしませんよ

 

ガザの美容室』は公開2015年、製作国はパレスチナ・フランス・カタール

ざっくりとした内容を公式HPから

 

パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっている。店主のクリスティンは、ロシアからの移民。美容室のアシスタントのウィダトは、恋人で、マフィアの一員アハマドとの関係に悩んでいる。亭主の浮気が原因で離婚調停のエフィティカールは、弁護士との逢瀬に向けて支度中。戦争で負傷した兵士を夫に持つサフィアは、夫に処方された薬物を常用する中毒者だ。敬虔なムスリムであるゼイナブは、これまでに一度も髪を切ったことがなく、女だけの美容室の中でも決してヒジャブを取ることはない。結婚式を今夜に控えたサルマ、臨月の妊婦ファティマ、ひどい喘息を患っているワファ、離婚経験のあるソーサン・・・それぞれの事情をもつ、個性豊かな女性たち。

 

戦火の中で唯一の女だけの憩いの場で四方山話に興じていると、通りの向こうで銃声が響き、美容室は殺りくと破壊の炎の中に取り残された・・・。

 

出典:『ガザの美容室』公式HP

 

この映画を監督したタルザン&アラブ・ナサール兄弟は、ガザ生まれ。

彼らは、虐げられるパレスチナの女性を描くのではなく、彼女らの「生」の部分、つまり日常を描くことをコンセプトにしたそう。

 

http://www.uplink.co.jp/gaza/ex/img/index_img-01.jpg

画像:ガザの美容室公式HP

 

パレスチナ・ガザと聞いてイメージする「非力な市民像」は、戦争中であっても常に人生を選択し続ける市民の実像とはかけ離れている。

 

一方的な被抑圧者としての「弱さ」を描くのではなく、不条理な中でも日常を生きる「強さ」にフォーカスを当てた作品であるといえる。

 

 

ガザって

 中東にあまり興味がなくて「そもそもガザってどこ?」っていう方ももちろんいらっしゃるであろう

 

しかし

この映画でガザの背景知識はほとんどいらない。

とりあえずガザっていうのは、中東のある地域で、歴史的な不条理によってアラブ人が「押し込まれた」場所、という認識があれば問題ない

 

詳しく知っていればもちろんいいとは思うんだけど、この映画は「女性がどう生を選択していくのか」にフォーカスが当てられているからあまり背景知識が活きることもないと思う

 

 

孤立とストレス

基本的にずっと美容室を舞台に女性たちがあーでもないこーでもないと言い合う内容。

もともと緊張感のあるガザ地区の美容室にそれぞれの問題を抱えた女性たちがやってくるんだが、店員はそんな面倒なお客全員に対応できるわけもなく、おまけに外では戦闘が始まり美容室は完全に取り残される。

 

つまり、最初から最後までかなりストレスフルな内容。

実際映画観てる途中に若干チック症になりかかった(大丈夫だけど

 

緊張感あるなかで不毛なやりとりを眺め続けるというのは、正直結構イライラするもんですな

 

しかし、これこそがおそらくこの映画の醍醐味だと思う。ストレスの追体験

普通の戦争映画であれば社会問題を内在させ、事実関係が重んじられる傾向にある。

この映画では史実関係というより、戦時下の日常をメインにしているからこそ、政治的な背景はほとんど皆無ながら、高度のガザ・追体験ができてるんじゃないかなと思った。

 

劇中に出てくる女性たちはみんなそれぞれに個性が強いけど、ひとつみんなに共通していることがある。それは、冷たいくらい現実的な目線を持っているということ。

それはほぼ間違いなく、イスラエルによる反感、パレスチナを仕切る勢力に対する従順の拒否、争いを選ぶ男たちへの諦観、そういった彼女たちを取り巻く環境がそう「させた」。

彼女たちから発せられた現実的で諦観的な言葉は、その環境を追体験することによって深く共感せざるを得ない。

 

 

まぁ確かに、このワケワカンナイ状況に置かれたら、こうも夢見なくなるよね。

ラストシーンも、かなりのオープンエンド。どう解釈していいのか。

 

 

 

興味あるな、というスタンスで

ストーリーがあるのかといわれれば謎だし、じゃあ社会派の内容なのかといわれればそれもしっくりこない。

先述したように、『ガザの美容室』「追体験」をコンセプトにした映画だとおもう。

 

自分は勝手に『ガザの美容室』っていうタイトルから結構ストーリーベースなのかな~って想像してたから、「あれ?イメージと違うな」とはなった。

だから、求めるものによっては鑑賞者の評価が分かれるんじゃないかなと思った。

 

でもなんだかんだ、現場のリアルを知るにはこういう日常を切り取る感じの映画が一番なんじゃないかなー。

 

 

興味あるな、と思った方は、アップリンクさんへ。

 

 

 

www.uplink.co.jp